製品価格表製品価格については「製品価格一覧表」(→ダウンロードページ)をご覧ください。

  • {Thum}

チャンネル拡張

チャンネル拡張二輪・四輪用データロガーに、アナログ4チャンネルもしくはデジタル2チャンネル+アナログ2チャンネルの入力を追加するための拡張モジュール。

CAN拡張ポートに接続。

  • 概要
  • 仕様
  • FAQ
チャンネル拡張

概要

チャンネル拡張チャンネル拡張は、Aimの二輪・四輪用データロガーシステムの拡張モジュールです。
このコンパクトなモジュールを使用することで、既存のシステムが利用しているチャンネルを専有したり変更すること無く、4つの入力チャンネルを追加することが出来ます。追加するチャンネルは、アナログ4チャンネルか、デジタル2チャンネル+アナログ2チャンネルで、設定により簡単に変更できます。


簡単接続

先進のCANバス接続により、データロガーとの接続は1本のケーブルだけです。このため、余計なトラブルの要因を減らすことが出来ます。
また、データハブを組み合わせることにより、複数のチャンネル拡張を同時に利用することも可能です。

接続例

技術仕様

最大サンプリングレート
チャンネル毎に最大100Hz(使用するセンサによる)
その他の仕様
寸法:123×30x23mm
重量:97g

FAQ(よくある質問と答え)

ご購入後の操作方法やトラブルに関するFAQはサポートページをご覧ください。

データハブは必ず必要ですか?
使用するデータロガーに、ディスプレイを含めた他のCAN拡張モジュールが接続されていなければ、不要です(データロガーのCAN EXPポートにそのまま接続できます)。
MYCHRON4やSOLO DLに使用できますか?
使用できません。
接続できるのは、SOLO DLを除く、CAN EXPポートを装備している二輪・四輪用データロガーです。

このサイトに記載されている情報は、最新のものではありません。

2016年3月20日に更新を停止していますが、旧製品の情報などを参照していただくために残しています。

最新情報は、新しいサイトをご覧ください。

Copyright © BEAR inc. All rights reserved.